個人的な思想だけで言わせてもらうと、顔の見えない誰か分からない人にメディアサイトの「核」であるコンテンツの依頼はしたくないと考えています。

今回紹介するクラウドワークスでは、顔までは見えませんが手伝ってくれるライターと直接やり取りをして記事を書いてもらうことが出来るので、より品質の良い記事の調達が出来るだけでなく、場合によっては専門知識を持つライターさんも少なくないので自分で書くよりも出来のいい記事を納品してくれることもあります。

クラウドソーシングを利用してサイトの記事コンテンツを調達する際のコツを紹介します。

クラウドワークスのTOP画面
クラウドワークスのTOP画面

そもそも「記事コンテンツを自分で書く」以外の調達方法は以下の方法が考えられると思います。

  • ライターと直接取引
  • クラウドワークスやランサーズのようなクラウドソーシング利用
  • Shinobiライティングのような記事代行専門サービスの利用

過去記事にシノビライティングの解説記事もあるのでよかったら参考にしてください。

クラウドワークスやshinobiライティングのように仲介の業者を挟まずライターと直接取引だと面倒な契約関係の書類を作ったり、見納品、未払いのトラブルも起こる場合があります。

shinobiライティングやサグーワークスのような記事代行サービスはシステムとして便利は便利なのですが、やはり記事の品質は全く期待できないという欠点が目立ってしまいます。

記事外注のメリットを最大限活かしたものが「クラウドワークス」でしょう。
結論だけ言えば、クラウドワークスを活用した記事調達が現時点では最もオススメ出来るやり方です。

クラウドワークスを利用することで事務手続きの簡略化が出来る

まず記事の品質の前に、直接取引だと場合によっては契約書やNDAを作成することになり、請求書や領収書のやり取りをすべて自分でやらなくていけません。

クラウドワークスのようなクラウドソーシングを利用すればトラブルがゼロになるとは言いませんが、クラウドワークスのシステムの規約やルールにある程度守られるので安心できます。
これはワーカーにも発注者側にも言えるメリットです。

何より直接やり取りできることが最大の魅力、メリット紹介

クラウドワークスで記事を発注する最大の魅力はやはり直接やり取りが出来るため柔軟に注文することが出来ることだと思います。

クラウドワークスなら細かい指示も出せる

ライティングを手伝ってくれるワーカーに細かい指示出しが出来るのは何と言ってもありがたいことです。
無理な注文は禁物ですが、細かいニュアンスまで伝えることが出来るので意思の疎通がうまくでき、最終的に記事もより良いものとなっていくでしょう。

自分が持っていない専門的な知識も補う

記事は自分で書くリソースがあるのならば一番いいことですが、自分自身の専門知識の量は限度があると思います。
そんな時はクラウドワークスに登録しているライターさんの知識を借りて執筆してもらいましょう。

僕は例えばこのようなライターさんに手伝ってもらったことがあります。

  • 医療現場で働いている人
  • 看護師の就業経験がある人
  • 主婦
  • 仮想通貨の取引をしている人

専門知識とまではいかなくても、主婦の目線で記事を書いてほしいとか柔軟に対応できるライターが多く登録しています。

クラウドワークスは比較的扱いやすいシステム

クラウドソーシングのサービスでクラウドワークスと似たようなサービスはいくつかありますが、慣れないと操作がやや難しい印象があります。

そんな中でもクラウドワークスは比較的操作しやすいサービスになっていることもオススメできるポイントです。

ランサーズとクラウドワークスの違い

似たようなサービスの一つにランサーズがありますが、大きな違いとして利用者の数が挙げられると思います。
クラウドワークスのほうがワーカーの登録が多いです。

少なくともライティングのカテゴリではクラウドワークスのほうが多いようです。
多様なジャンルのライターさんがいたほうが発注者側としてもやりやすいですよね。

クラウドワークスの文字単価

クラウドワークスの文字単価はそのライターさんによってバラバラなので一概には言えません。

多くのライターさんは1円以上と設定している場合が多いようです。
とても簡単なライティングであれば、①円以下も見つかります。

文字単価1.5円の予算が出るようならライターさん探しは苦労しないでしょう。

クラウドワークスのデメリット

手数料はやや割高感も

記事の外注による調達方法の中ではクラウドワークスが最もオススメ出来ますが、デメリットとしては手数料でしょう。

手数料は発注金額の20%が必要ですが、仕方ないと分かりつつも割高感を感じてしまうのは僕だけでしょうか。

個人的にはここがもう少し抑えられるともっと思い切った発注がしやすくなるように思います。

これに関してはクラウドワークスだけのデメリットではなくランサーズでもほぼ同様のシステム利用料がかかってきます。

ライター探しの作業が必要

当然の事ですがライターさんは自分で探す必要があります。
これが苦に感じるような人はクラウドワークスの利用が向いていないのかもしれません。

しかし幸いにも記事ライティングという案件であれば条件にマッチしたライターさんを見つけるのはそれほど難しくありません。

記事外注は悪、ではない

外注記事=くず記事 などと考える人もいるようですが、自分で書いても外注に投げても読み手にとってはどうでもいいことです。

ジャンルによっては自分で書くより早く高品質な記事が手に入る場合もあります。

仕事をこなしたいライターさん、記事が欲しいウェブマスター、よりよき記事を求めるサイト閲覧者、皆がWINWINになるような状況であれば積極的に外注を利用するのも被等の戦略でしょう。

顔は見えないけど、直接のやり取りが出来ることが大事

クラウドワークスではさすがに顔までは見えませんが、かなり緊密にライターさんとやり取りして、よい記事を納品してもらうことが可能です。

shinobiライティング等とは大きく性質が異なるサービスなので上手に活用すれば、メディア事業やアフィリエイトなどを大きく加速させることも出来ます。

組織化せず一人で頑張ってる人には強い味方になるので使ったことが無い人はぜひチャレンジしてみてください。

クラウドワークス
https://crowdworks.jp/