個人のブログやWEBサイトを立ち上げようとする際に、多くの場合は「独自ドメイン」の取得をすることになります。

独自ドメインでドメインを取得するのは安い投資ですし、すぐに調達できますが、結構悩むのはドメインの文字列すなわち「ドメイン名」に悩みますよね。
ドメイン名のほかにも、ドットの後ろのCOMやNET、BIZなどどれが良いのか悩むと思います。

今回はそんな方の手助けが出来るようにドメイン名の決め方を解説していきます。

最初に言っておきますが、明確な決まりがあるわけではないので最終的には自由に選んで良いのですが、世界に通用する誰に見せても恥ずかしくないドメイン名の選び方を解説するので、別に正解があるわけではないことを前提に読み進めていただけると助かります。

ちなみにドメイン取得する場所はバリュードメインが使いやすくてオススメです。

VALUE-DOMAIN
VALUE-DOMAIN(※外部リンク)

ドメイン名はこんなに重要

ドメイン名はウェブサイトのURLにもなりますし、場合によってはチラシや名刺、TVのCMにも掲載される可能性がある文字列ですので、重要です。

ドメイン名の決め方で最も厄介な問題は「後から変更が(ほぼ)出来ない」

ドメイン名の変更は実際には簡単にできます。
ではなぜ(ほぼ)出来ないと言ってしまうのかというと、サイトが蓄積してきたSEOの価値、すなわちドメインパワーは「ドメイン」名に集約されます。

ですから、SEO価値やサイトの価値が集約されたドメイン名をあとから気軽に変更、、とはいかないのです。
もちろんリダイレクトの手法を使ってドメイン名の引越しをする方法もあるのですが、手間もかかりますしSEOに悪影響を及ぼすリスクを考慮すれば、ドメイン名は変えないほうが良いでしょう。

また、チラシや名刺などの印刷物に掲載してリリースしてしまえば紙の部分は当然後から変更がきかないので、コロコロドメインを変更するのは好ましくありません。

では失敗しないドメイン名の決め方とはどのような考え方なのか以下で説明していきます。

ドメイン名の決め方のコツ

ずっと使えるドメイン名選びのコツを紹介します。
絶対ではないですが、以下のコツを守ったほうが後悔しないドメイン名に決めることが出来るでしょう。

ドメイン名にハイフン(ダッシュ)は使わない

ドメイン名を区切りたいときに日本ではよくハイフン(ダッシュ・-)を含めるケースも少なくないですが、世界的にみるとハイフンは多少ダサいイメージがあるみたいです。

実際にドメイン名のオークションに参加してみるとハイフン、記号入りのドメインは日本に比べ少ないです。

日本の有名、大手サイトでもハイフン入りのドメインが利用されていますし、気にしなくてもよいのですがハイフンを2個使ったり複数使うのは見栄えとしては相当悪いことは間違いないので、ハイフンは出来れば使わないもしくは使ったとして1つまでにしておきましょう。

ドメイン名に数字を使わない

ドメインに数字を使わないほうが良い理由としては二つあります。

一つは上記で話したハイフンと同じで世界的にはダサいと考える人も多いということ。
二つ目は、スパム行為に使用されていたように見えることです。

例えば中国では「8」が縁起のいい数字らしいので、xxxxx888など8が含まれていると中国っぽく見えます。それだけならいいのですが、中国で運用されていたドメインだとスパム運用が少なくないので見る人が見れば気になるところです。

さらにスパム運用されていたドメインはxxxxx001、xxxxx002、xxxxx003などのように連番の数字でドメイン名が管理されていたりするので数字をドメイン名に含ませることのメリットより、デメリットのほうが多いと思うのでこだわりが無いなら数字も回避しておきましょう。

ブランド名は使わない

ドメイン名に商標やブランド名をつけたがるのはSEOスパマーの特徴です。
ドメインの文字列にSEO効果があると信じてこのようなことがなされるのですが、場合によっては商標権の侵害などにも該当するのでブランド名などは含めずオリジナルなドメインの文字列を考案してください。

ドメインの文字列にSEO効果があるかないかの議論は僕の場合気にしてません。
効果がたとえあっても微々たるものです。
僕はドメインの文字列でSEO効果を実感したことは一度も無いのでもう気にしてません。

中古ドメイン市場へ行ってみればわかりますが、ブランド名入りの中古ドメインがゴロゴロ出てきます。

長すぎないドメインにする

長すぎるドメイン名は見た目が悪いだけ絵は無く、ユーザーが打ち込みにくいので名刺などに掲載する場合も問題があります。
ドメインは短いと様々なメリットがありますが、長いことによるメリットは一つも無いでしょう。

日本語ドメインも考えモノですね

日本語が理解できる人にとっては一目で分かりやすいというメリットもありますが、それ以上にピュニコードの問題やソーシャル拡散時に長い文字になってしまうなどデメリットのほうが多いと考えています。
また途中でサイトの方針やジャンルを変えたくなっても日本語ドメインだと違和感が出てしまいます。

賛否あるとは思いますが回避しておくべきでしょう。

「X」エックスからスタートする文字列にしない

明確な決まりはありませんが、海外ではXからスタートする文字列のドメイン名はアダルトなど好ましくないジャンルのドメインであるケースが多いようです。

日本ならXで始まってもそれほど気にしないのでしょうが、可能ならXで開始するドメイン名は避けておいたほうが無難でしょう。

誤字でアクセスを誘うのもNG

あまりやっている人は見かけませんが。
タイプイントラフィックが狙える有名サイトのドメイン名を打ち間違いを期待してドメイン名をつける行為です。
例えばyahooだったらyafooだとか、何のメリットも無いのでやめておきましょう。

トップレベルドメインについて

上記で話してきたことがドメイン名の決め方で注意したい点ですが、トップレベルドメイン(TLD)の決め方も解説します。
TLDとはドットの後に続くCOMやNET、INFOやBIZなどです。

よく使われるトップレベルドメインでの注意点を紹介します。

COMドメイン

有名で見た目もいいのでおすすめです。
取得費用も更新費用も平均的です。

COMは「商用」を意味しますが、皆さんご存知の通り様々なサイトで使われています。
唯一デメリットがあるとすれば取得できる文字列が人気ゆえにあまり無いことです。

NETドメイン

NETドメインはネットワークを意味しますが、その使われ方はCOM同様に多岐にわたります。
コチラも人気なので文字列の空きはそれほど多くはありません。

好きな文字列が空いていれば取得して問題ないでしょう。

ORGドメイン

団体や非営利団体で使われるドメインです。
コチラも比較的人気なTLDなので、選んでも良いですが個人ブログなどでORGは個人的にはあまり見かけないし、一瞬おやっと思ってしまうかもしれないです。

やや注意なのはINFOドメイン

INFOドメインは安い場合も多く、文字列も比較的空いているのでねらい目ではあるのですが、世界的にはスパム利用がやや目立つため好印象を持たない人もいるかもしれません。
神経質にそこまで気にしないなら、好きな文字列で取得できる有名TLDではあります。

文字列が空いてないならXYZドメイン

有名TLDで文字列が空いていなければXYZはいかがでしょうか。
結構文字列も空いていますし、世界的有名企業も使いだしているので、今後スタンダードになる可能性を秘めたトップレベルドメインです。
価格も安い場合が多いので取得する候補に含めておいた方が希望の文字列に近づけることでしょう。

過去の運用履歴もチェックする

さて取得するドメイン名が決まったらそのドメインが過去に変なことに利用していないかチェックしましょう。

「変なこと」とは様々なので、実際にウェイバックマシーンで目視チェックを行い、あなたが変だと感じなければOKです。
詳しくはウェイバックマシーンの記事も書いたので参照してください。

いろいろ語ったがドメイン名の決め方は最後は好み

ドメイン名の決め方について神経質と呼ばれてもおかしくないほど書いてきましたが、最終的には好みで問題ないです。

僕はバリュードメインでよくドメインを取得しますが、バリュードメインなら一括で多くの空きドメインを検索できるので早く希望の文字列に巡り合えることでしょう。

長く使えるドメインを取得せず後悔しないように一呼吸おいてから取得してください!


VALUE-DOMAIN
VALUE-DOMAIN(※外部リンク)