SEOチェキというツールはご存知ですか?
WEBやSEO界隈、アフィリエイトなどの仕事をしている方は聞いたことや使ったことがあるかもしれません。

SEO分析ツールの中でも手軽さに関しては良いツールだと思うので使い方と活用方法について解説します。

面倒な会員登録なども不要なのはうれしいところです。



SEOチェキの使い方

SEOツールの多くがそうであるように、SEOチェキに関しても使い方はいたってシンプルでURLを入力するだけで分析開始できます。

SEOチェキの中には主に

  • SEOサイトチェック
  • 発リンク一覧
  • Whois情報
  • 被リンク元チェック
  • 検索上位サイトチェック
  • HTTPヘッダ情報

の機能が備わっています。
本コラムでは、メイン機能の「SEOサイトチェック」について紹介していきます。

SEOチェキで取得できるデータと注目するべき箇所

まずは調べたいURL(ドメイン名も可)を入力します。
URLを入力すると以下のような画面になります。

SEOチェキ ページ情報

ページの情報が表示されますが、中でも「発リンク」の数が出ているのが便利ですね。

発リンクは内部であっても外部であってもSEO価値の転送となるので計画的に設計することが求められます。

また、ページ読み込み速度もSEOと無関係とは言えない状況なので手軽に計測が出来てありがたい機能かと思います。

次に以下のような画面がありますが、ここでは「Google PageRank」と「Alexa traffic rank」の項目が見つかります。

SEOチェキ ランク

Google PageRankについては表向き廃止されているため表示されませんが、Alexa traffic rankというAmazonの子会社の独自指標が表示されます。

シミラーウェブのランクのように少ないほどSEOが優秀となります。
僕の場合は細かい評価方法が不明なためあまり参考にしていないです。

次に以下のような画面でソーシャルシェア数の確認が可能になります。

SEOチェキ ソーシャル

調査しているページのソーシャルシェア数が把握できます。
ツイッターなど一部取得できない項目もあるようですね。

次に「インデックス数」と「被リンク数」の項目が見つかりますが被リンク数は終了したようです。
インデックス数は主に競合サイトの調査に活用できます。

ライバルがどのくらいのコンテンツ量をリリースしているのか把握しておくことはWEBマーケティング上、大事なことです。

続いて、もっと詳しく被リンクチェックしたい人のために外部リンクが設置されています。

SEOチェキ 被リンク調査

とび先はMOZのOpen Site ExplorerとMajesticのMajestic SEO Site Explorerとなっています。

要は被リンクまで表示していたらリソースがかかるんでこれ以上は自分でどうぞって感じですね。

次に検索順位チェックの機能が見つかります。

SEOチェキ 順位チェック

自分で順位取得したいキーワードを入力し、検索順位を取得してくる機能となっています。
自社サイトでGRCなど順位監視ツールを使用している場合はあまり使わないと思いますが、ライバルサイトの順位チェックには便利な機能です。

次に、ディレクトリ登録についての画面が見つかります。

SEOチェキ ディレクトリ登録

ヤフカテ登録などは一昔前にはやったような手法ですが、要は良質なリンク獲得やトラフィックの増加に役立つディレクトリ登録の有無をチェックする機能です。

最後に「さらに調べる」のリンク集が表示されています。

SEOチェキ さらに調べる