SEO検索順位向上のため、Googleサーチコンソールで否認すべき被リンクを見極める方法を紹介します。
今回のやり方はあまり特別なツールは用いずにGoogleサーチコンソールと目視チェックのみの被リンク見極めとなります。

リンク否認のやり方はシンプルに目視が一番確実

リンク否認のノウハウやツール的なものが出回っているようですが、実際はGoogleサーチコンソールで認識されている参照元リンクページを一つずつ開いていき「目視チェック」するだけでいいと考えます。
Majesticのトラストフローやサイテーションフローを使って機械的に見極めするのも一つの手ですが、その手のサードパーティー製のツールを使うべきは何万ものリンクを持っている大規模なサイトか自分ではリンクの品質を見極めることが出来ない人が使えばいいと思います。




リンク否認のSEO効果は?

リンク否認をすることによるSEO効果は否認するドメインの数が多ければ多いほど効果が出やすいように感じます。
僕の場合は1ページから1回で最大7000ドメイン程リンク否認しましたが、結果としてSEO効果は確認されました。
いくつかあるSEO手法の中でも効果測定がしやすい手法の一つになっています。

マイナスのSEO効果(逆効果)について

良い効果が望めるものは同じだけ悪い効果をもたらす可能性をはらんでいます。
有力なナチュラルリンクを否認してしまえば検索順位に悪影響も考えられますが、リンクの数が1000以上など多い場合は1つのミスで致命傷になることは無いと考えられます。
僕も多くのリンク否認をしてきましたが、それほど怖がらずにサクサクリンク否認するようにしています。

リンクの取捨選択の考え方

まずは大事なマインドセットを解説します。
検索順位を操作しようとしてリンク否認に取り掛からないことが大事です。

そもそもリンク否認は検索順位をアップさせる機能では無いので、サイトの評価を飛び越えて順位が上がることはまず無いと考えられます。
次にドメインパワーで決めない、ということが重要です。

皆さんそれぞれドメインパワーの測定方法を持っているでしょうが、リンク否認で着目するのはドメインパワーでは無いです。
何故かというと、ナチュラルリンクを出す際にドメインパワーなど普通は考慮しないからです。

では、どういうリンクを否認するべきなのかという事を以下で解説します。

こんなサイトからリンクをもらっていたら否認しよう

あまりSEOテクニックが無いように思われるかもしれないですが、僕は実際にこのやり方で順位がつかないページの回復を何度も経験しています。
具体的にこのようなページからのリンクを否認します。

  • 一昔前のリンク集(コンテンツより発リンク主体)
  • 存在しない(403や404のようなページ)
  • 確実に無関係な国やサイトからのリンク
  • 大量のリンクを送ってくるサイト
  • アーカイブ保存サイト
  • 好ましくないジャンル(アダルト等)からのリンク

数が多すぎて見るのが大変な場合は、一つの参照元から受けているリンクの発射本数が15本以上から、、のように影響度がより強うそうな参照元だけに絞ってチェックすることも有効であると言えます。

リンク否認に頭を悩ませない

サーチコンソールでのリンク否認作業がテキトーでいいかというと全くそうではありませんが、否認するリンクの取捨選択はシンプルに目視し、「これ嫌いだわ」の感覚で十分です。
もっと言えば、トラストフローの高いものだけのような取捨選択をしてしまうと人工的と疑われたりすることも考えられるのでそれほど気を遣ないほうがベターです。

何度も言いますが、検索順位をアップさせる手法では無いのでサイトのポテンシャルを超えて検索順位を付けることはまずありません。