WEBツールズからのお知らせ

SEO診断のご案内

サイトをリリースして間もない頃や、中には高額な中古ドメインを買ってみたもののGoogleBOTのクロール頻度が少なくて不安に思う人が多いようです。
100%確実にクロール頻度を高める方法というのは残念ながら知りませんが、BOTのクロール頻度を高めるために出来るいくつかのことがあるので紹介します。

サーチコンソールの「URL検査」

新しい「Google SerchConsole」ではFecth as Googleの項目が消え、代わりに「URL検査」というクロール促進機能が備わっています。

URL検査

サーチコンソールにログインすると画面上部にこのようなURL入力箇所があるので、クロールさせたいURLを入力します。
数秒待った後、ページのレスポンスを確認することが出来、インデックス登録のリクエストを行うことが可能となります。

インデックス登録リクエスト

新しく追加したページや、更新があったページに使用します。
現時点では使用回数の制限は無いみたいですが、同じページを何度もリクエストしてもインデックスされやすくなるわけではないので、1ページ1回の利用で問題ないです。

Fecth as Googleの利用経験がある人はほとんどその代替機能だと思って大丈夫です。

URL検査をしたからと言って即時インデックスされるとは限らないという事をおさえておいてください。

サーチコンソールの「サイトマップ送信」

サイトマップ送信はインデックス促進のためのツールかと言えば微妙に異なりますが、「サイトの構造をGoogleに伝える」という機能を担っています。

サイトをリリースしたばかりで外部リンクが無い場合にXMLサイトマップ送信をすると効果的です。
また、ページ数が多いサイトの場合も特にサイトマップ送信をしたほうが良いでしょう。

(あまり無いケースですが…)サイト内のどのページからもリンクされていないけどGoogleインデックスさせたいページがある場合もXMLサイトマップさせるべきです。

サイトを公開したばかりのときはサイトマップ送信はぜひやっておきましょう。

僕の場合はサイトマップ送信はサイトリリースしたてのころは更新のたびに行いますが、ある程度経過したら滅多に利用していません。

サイトマップの書き方はサーチコンソールのヘルプを参照するか、Woprdpressサイトなどであればプラグインを利用しても良いでしょう。

▼参考:サイトマップの作成と送信
https://support.google.com/webmasters/answer/183668?hl=ja

RSSフィード/Atomフィード

フィードも検索エンジンに効率よくインデックス促進をさせることが出来ます。
検索エンジンだけでは無く、Feedlyなどのフィード購読ツールでユーザーに対しても更新情報のお知らせが可能となります。

RSSとAtomフィードであれば、可能であれば将来的に普及されるであろうAtomの方を使っておけば良さそうです。

WebSub

今のところあまりなじみが無いのですが、サイトの更新情報をFetch as Googleのように能動的にプッシュ通知ができるモノです。
実装方法はRSS/AtomフィードにURLを記述するだけですが、Wordpressのプラグインでお手軽に実装・実行することも可能なようです。

物量作戦:圧倒的更新頻度

いきなり原始的な方法ですが、経験上でもやはり更新頻度を高めることはクロール促進に貢献します。
ではブログのように大量の記事があるサイトでないとダメなのかと言えばそうでもありません。

例えば15ページのサイトがあればあえて小出しにページを公開していくという小細工も案外効いてきます

もちろんブログやニュースサイトにようにページ数が多いようなサイトであれば、毎日更新・週1更新・月1更新のように継続更新をしていくことでページの公開後すぐにクローラーが巡回し、インデックスされやすくなります。

永続的に更新しなくても、ひとたびクロール頻度が高まったドメインはそう簡単にクロール頻度が落ちない傾向も感じられますので、物量作戦はサイト初期にやってみてほしい施策の一つです。

WEBツールズからのお知らせ

SEO診断のご案内