この記事を書いた”私”が担当するオウンドメディア制作サービス

オウンドメディア制作屋さん

公式サイトが怪しい雰囲気のあのツール使いこなしてますか?
そう。「Website Explorer(ウェブサイト・エクスプローラ)」です。

TOPページ

知らない人のために先にざっくりとツールの概要だけまとめると、Website Explorerは日本語で使えるインストール型の無料ソフトで、ウェブサイトの解析等に利用可能です。

主な機能

  • サイト解析ツール
  • ダウンローダ
  • リンクチェッカー
  • サイトマップ XML 作成ツール

など。

簡単に言えば、サイトのURLさえわかれば、サイトに関する普段目には見えない情報を取得してくれる、あると便利なツールです。

以下では、主にSEO対策にどう役立てていけるか紹介します。

Website Explorerの使い方(音量注意)

使い方の説明はほとんど不要なくらい簡単です。
URLを入力するバーがあるので、サイトのトップページのURLを入力してください。

そうすると、このように入力したページからリンクを辿ってクロールが開始されます。

クロール読み込み中

100記事を超えるようなサイトでは結構時間がかかります
気長に待っていれば良いでしょう。

あ、
あと変な「ウィーーーーン」という音が鳴るのでオフィス等では注意してください。

リンク切れの防止や早期発見に

SEO対策でやってはいけないことワーストランキングと言っても過言ではない「リンク切れ」、リンク切れのチェックは手作業でやっていくと、サイト規模によっては現実的では無いですよね。

そこでWebsite Explorerを遣えば、ワンクリックでリンク切れチェックすることが可能となります。

Website ExplorerにURLを入力してしばらく待つとクロールが完了してレポートが見れるようになります。
レポートに「外部リンク数:***(未チェック ***) 今すぐチェックする」という項目があるのでクリックします(以下の画像参考)。

レポートの外部リンクチェック

そうすると、このように外部発リンクエラーやリダイレクトを知らせてくれるので、必要に応じて記事のリンクを変更したり、削除したり出来ます。

発リンクチェック

表を選択すると自社サイトのどのページから発リンクしているかもチェック可能です。

KANKAN

リンク切れは定期的にチェックしたいところです。

サイトのコンテンツを一括取得・ダウンロード

サイト内の全記事のタイトル一覧や全URL一覧を取得したいケースは、そんなに無いと思いますがたまにありますよね?

色々なやり方があることでしょうが、このWebsite Explorerを使う事でもサイトの情報を取得しダウンロードすることが出来ます。

Website Explorerでの探索が完了したら「サイト内ページ」というタブを選択することで以下のような画面になります。

サイト内ページ

ダウンロードや保存に関しては

  • HTML形式
  • CSV形式
  • テキスト形式
  • Excel形式

で保存可能です。

HTML形式
HTML形式で保存
CSV形式
CSV形式で保存
テキスト形式
テキスト形式で保存
Excel形式
Excel形式で保存

このように手軽にサイトデータを取得できるのは便利ですね。
GRCに一括で登録したりだとか、サイトの解析などでURLさえ知っていれば出来るのは大変助かるツールです。

それほど使わないけど、備えておくとGood!!

自分のPCにもインストールしてたまに利用する程度のツールですが、何かとあると便利な場面もあります。

自社サイトや自分のブログ、競合サイトなどのサイト状況を解析する助けになるツールなので、公式サイトから無料ダウンロードしておくとお守りになるかもしれないです。

公式サイト
WebsiteExplorer公式サイト

http://www.umechando.com/webex/

異様に古臭く怪しげな雰囲気なのはご愛敬。

この記事を書いた”私”が担当するオウンドメディア制作サービス

オウンドメディア制作屋さん