WordPressテンプレートの中で賢威テンプレート最もオススメします。
最初はデザインも微妙な気がしていたし、有料で価格も安くは無いし、ほかの有料Wordpressテーマを買って使ったりしていました。

現在ではブログ型のサイトを作成する際は賢威ver7を使うことがかなり多いです。
最大の2つの理由は「作業時間短縮」と「内部SEO」です。

この「WEBツールズ」ブログも賢威をベースに構築したし、今ではすごく気に入っているので解説していきます。

賢威テンプレート
https://rider-store.jp/keni (※外部リンク)



有料Wordpressテンプレートなんて最初は考えられなかったのに購入した理由

自分自身プログラミングの業務をした経験があってPHPなどはまあまあ知ってしたり、デザイン業務だってやったことがあってお金を払って有料テンプレートを購入するなど、考えていませんでした。

ではなぜ賢威を導入するに至ったかと言えば、作業時間がなかったからです。

HTML/CSSやPHPのコーディングの知識はあったのですが、作業時間を確保する理由で有料テーマを購入しました。

最初はデザイン性を優先してOPEN CAGEのハミングバードを買ったりもしました。

決して悪いテンプレートでは無いし使っている人もかなり多いのですが、自分のニーズは満たせなかったのです。

ハミングバード
https://open-cage.com/hummingbird/ (※外部リンク)

有料テーマはデザインで選ばない

ハミングバードは確かにおしゃれ感もあり多機能ですが、「SEO対策」という点も考慮したときの修正作業が多いという点、
CSSやや複雑でデザインのカスタマイズが面倒に感じたという点で結局は賢威テンプレートに変えました。

この時点で賢威がダサいというかシンプルである理由が判明しました。

シンプルが最強なワケ

WordPressサイトはアクセスも集まってくるとマネタイズも考えるようになったり、イメージチェンジしたくなったりとデザインにも力を入れたくなります。

そんな時、完成されてしまったデザインよりもきれいなソースコードで余計な装飾が無いほうが単純にコーディングしやすいです。

もちろんハミングバードで出来ないかと言えばそんなことは無いのですが、賢威のほうが圧倒的短時間でカスタマイズ作業が完了しました。

賢威は作業時間短縮に最適

賢威テンプレートは上述したように作業時間短縮に効果的です。
テンプレートが欲しくて買ったというより、サイト作成を外注したような感覚で購入しました。

真価は見えないところにアリ

本来なら自分でコードを書いたり、プラグインをインストールして入れたいちょっとした機能がついているというのも素晴らしい特徴です。

例えば、コードをいじらなくても可能なこととして、

  • titleタグの自由度が高い
  • 共通パーツ機能
  • ランディングページ機能
  • 記事中の吹き出し機能
  • 目次記法の機能
  • PVランキングの機能
  • ぱんくず優先カテゴリ

など実際はもっともっとありますが、
かゆいところに手が届くというメリットが多いです。

さらに余計にプラグインを増やさなくていいので日々の管理コスト削減にも貢献しています。

今まではサイト構築をやって満足してしまって肝心のコンテンツが疎かになっていたりと僕のような三日坊主に特におすすめしたいと思います。

賢威テンプレート
https://rider-store.jp/keni (※外部リンク)

SEO対策に最適な賢威

SEO対策に最適です。

別に賢威をつかったから検索順位が自動的に上がるなんていってるわけではありません。

記事を書いたりコンテンツSEOや内部SEO対策をしっかりと行い、その成果が無駄なく発揮しやすい作りとなっています。

その理由は、

  • タイトルタグが柔軟に設定できる
  • Hタグ等、重要なタグの配置などがSEOに最適
  • 無駄なタグが少ない
  • スマホ・タブレットに完全に対応

などが挙げられます。

賢威単体でSEOに効果があるなんてことは決してありませんが、自分で努力した施策の効果は発揮されやすいテンプレートです。

特にtitleタグはSEOに強く有効で、ページごとにサイト名を入れたり入れなかったりなどカスタム機能が備わっていることは非常に楽でした。

なのでサイトやブログなどを始めようとしている人はサイトのデザイン作りこみなど後回しでいいのでとにかくコンテンツに集中するべきでしょう。
肝心のSEO対策も賢威なら効果も発揮しやすくなります。

そしてサイトにアクセスや訪れるお客さんが増えた時点でデザインに拘るほうが良いでしょう。

賢威の価格

賢威の販売価格は税込み24800円です。

支払い方法はPaypal(クレジットカード決済)と銀行振り込みがあります。
着金確認後すぐに使えるようになるのですぐ使いたい人はクレジットカードのほうが良いと思います。

賢威のライセンス

賢威のライセンスや規約については公式サイトで詳しく確認してほしいが、自分のメディアであれば賢威テンプレートを何度も使いまわしてOKなようです。
お客さんに販売するようなサイトであれば、追加ライセンスの購入等もあるみたいです。

賢威は最初見たとき価格が結構高いなと感じましたが、こういうライセンスも考慮したうえで判断しないといけませんね。
何度も使いまわせるので今では割安かなと考えています。

賢威テンプレート
https://rider-store.jp/keni (※外部リンク)

5万円くらいでも買っちゃったかもわかりません(笑)
それくらい今は気に入ってます。

デザインについて

先ほどデザインはダサいなんてこと言ってしまいましたが、実際はいくつかのベースデザインから選んでダウンロードが出来ます。
僕はWordpressのみの使用経験がないですが、WordpressテンプレートじゃないHTMLテンプレートもあるようです。

一度購入してしまうと、購入者用サポート画面が使えてこれが結構便利です。

使い方や導入のマニュアル、対応プラグインの解説など、ごりごりのアフィリエイター向けのイメージとは違って初心者フレンドリーで好感が持てます。

賢威を買うべき人

  • 時間を買いたいと考える人
  • SEO対策に詳しくない人
  • 三日坊主な人
  • ブログ型サイトを作りたい人
  • 外注主義の人
  • アフィリエイター
  • めんどくさがりな人

賢威を買わなくていい人

  • コーディングの知識がまったく無い人
  • デザインにこだわりたい人
  • WordPressテンプレートにお金を払いたくない人
  • 趣味でサイトを作っている人

賢威まとめ!

賢威はアフィリエイト紹介案件もありますが、それ抜きにしても人におすすめしているWordpressテーマです。

一度購入すればずっと使えるのでアフィリエイターなどはぜひ使ってみると良いでしょう。

ブログ型サイトに限らず、コーポレートサイト向けデフォルトデザインなどもあるようです。

作業時間がなかなか確保できない副業の方や、保有サイト数が多い方は外注するような気持ちで賢威を導入するとメリットが大きいと思いますよ。

賢威テンプレート
https://rider-store.jp/keni (※外部リンク)