これは記事を外注に依頼する側に向けたコンテンツです。
記事作成代行サービスでおそらく日本国内で最も有名なShinobi(シノビ)ライティングの活用方法について紹介します。

はじめに言っておくとShinobiサービス自体は利用経験はそれなりにありますが、基本的には記事外注は好んで利用しません

記事外注をするとしても細かく打ち合わせの出来るライターと組んでやるほうが望ましいと考えています。
しかし発注する側としてShinobiライティングにはメリットがあることも事実です。

Shinobiライティングで失敗する確率を減らす有効活用できる方法について解説します。

その前に僕の場合、記事をどう調達し、外注についてどう感じているかを紹介します。

Shinobiライティング
https://crowd.biz-samurai.com/ (※外部リンク)

自分で書く派ではあるが…

僕は記事は自分で書くことを推奨します。
一日一記事だとしても積み重ねが大事で、へぼ記事で運良く上位をとれたとしてもすぐに淘汰されるし、安定が無いと思うからです。

しかしながら、しっかりと稼いでいるアフィリエイターは一人で出来る範囲なんてすぐ限界が来るし、最も手間がかかる記事執筆を外注していることが多いです。

稼ぐ、という点においてはおそらくサイト育成の自動化は全くもって正しいと思いますが、僕の場合は時間がかかっても上位を狙えるもしくは、上位から簡単に陥落させない品質の高い記事を自分で書くほうがあっているみたいです。

個人的な偏見のある意見で申し訳ないですが、記事ライティングを外注するほうが効率が良いことは理解しているつもりでも、なかなか自分のリスクでは利用しないのが現状です。

資産価値を持つブログ

僕の場合、ブログやサイトを「資産価値」のような目線で見ています。

確かに大量に外注した記事を投入すれば、キーワード選定次第で上位を簡単にとり、がっぽり稼ぐかもしれないです。
だけど、外注した記事はコピペは無いとしても検索すれば似たようなのがたくさん出てくるというのが自分で体験した感想です。

記事の内容自体がそれっぽく書いてあっても正しいかの判断も難しいですし、実際読んでいても楽しいとは感じません。

それどころか、効率化のために時間をお金で買うために記事外注したのに、オーダーの経験が浅いとオーダーすること自体に時間やコスト、ストレスがかかる場合もあります。

発注した条件にマッチした記事が納品される

発注した条件にマッチした記事が納品される、というのはほぼ事実だと思います。
しかしながら、発注した条件に合っていればOKなのです。

つまり、「ライター」というキーワードを指定して記事をオーダーした場合、火をつける道具であるライターなのか記事を書く人のライターなのか、条件にさえ沿っていればどちらの成果物が来ても文句が言えないというようなことが起こります。

じゃあ記事外注はダメなの?

まったくダメではありません

実際、ブログアフィリエイトで稼いでる多くの人はShinobiライティングをはじめとした記事外注をしています。

簡単に言えばオーダーの仕方次第でうまくいったり、ちょっとしたリライトでいい記事になったりとオーダーする側の努力でうまくやれる場合もたくさん見てきました。

じゃあそれはどうやってやるのか?

簡単に分かれば苦労しません。
経験がモノを言うような作業です。

ただ一つ言えるのは「キーワード指定」です。

Shinobiライティングの簡単ウェブ発注では必須キーワードをしてできるので、細かく指定すると良いでしょう。

医者は医師に統一、洗顔はスキンケアに、、

などといった具合です。

どの用途で記事オーダーする?

人それぞれですが、Shinobiから見た記事の種類はおそらく数ではサテライトサイト用途が多いと想定されます。
続いてアフィリエイトサイトでしょうね。

サテライトサイトをやる人なら、さすがに記事外注は正解でしょう。

読んで楽しい記事などは必要なく、キーワードがいかに組み込まれているかを重視するためです。

自演リンクの善悪については明言はしないですが、実際サテライトサイトで効果を出すための記事コンテンツは外注レベルで十分です。
(適当はNG)

ただし最近では人が読めるレベルのクオリティのサテライト記事も増えてきているようですね。

アフィリエイト記事ならこう頼もう

オーダーする記事がサイトアフィリ用途なら、より細かく条件を指定するべきです。

Shinobiライティングのオーダーフォーム

Shinobiライティングのウェブ発注フォームではブラウザ版エクセルのような画面が出てきます。

ほぼすべて丁寧に埋めることがコツで、記事の品質には運の要素も少なからずあります。

運と言っては話にならないので、具体的には丁寧に4記事オーダーし、1記事を本気で自分で高品質に仕上げるというやり方もあります。

5記事中1記事は最高品質に仕上げることが出来れば、サイト全体の評価も落とすことなく、サイト全体のインデックスボリュームや内部リンクを集中させることが出来ます。

まあ、こんな風にやっている人は少ないかもしれないですが、僕なりの上手な使い方はこんな感じです。

もしくは、レビューサイトのようなものであれば、メイン記事は自分で書くが、レビュー部分を外注するということも出来ると思います。

レビューや口コミ体験談のようなコンテンツだと外注したほうがよろ、リアリティーが出るかもわかりません(※偽口コミを推奨はしないですが)。

Shinobiライティングの価格(文字単価)

基本は1文字1円です。

これ以外に請求される料金は無いですから、記事代行の業界でも最安値クラスだと思います。

探せば0.5円とかもありますが、品質は…という感じですね。

ある程度のクオリティが担保されていて、文字単価1円であればShinobiライティングが人気なのも頷けます。

クオリティが担保されているというのはどういうことかも解説します。

Shinobiライティングの強み:コピペチェック

Shinobiライティングでは業界最高水準の独自コピペチェックを行っているそうです。

このコピペチェックがどこまで機能しているか正確にはわかりませんが、完コピのような記事が来ることは無いので安心できますね。

ディレクターによるチェック

Shinobiライティングではワードサラダや自動生成された意味不明な記事はチェックされています。

これはおそらく人間がチェックするでしょうから精度にはばらつきがあるでしょが、無いよりはマシですね。

こんな人はShinobiライティングを活用してみては

  • サテライトサイトを制作する
  • アフィリエイトで素早く成果を出したい
  • 記事がへたくそもしくはやる気が出ない
  • 保有サイトが多数ある
  • インデックスボリュームに悩んでいる

上記のような人は記事の外注化も視野に入れてよいでしょうが、お金を支払えばSEOの問題が解決することはまずありません。

Shinobiでオーダーした記事を活かすも殺すもすべてはWEBマスターにかかっています。

Shinobiライティング
https://crowd.biz-samurai.com/ (※外部リンク)