アフィリエイターでSIRIUS(シリウス)使ってると聞くと何となくプロっぽいですよね。
そんなSIRIUS(シリウス)にずっとあこがれてきたのですが、僕の場合はデータベースを必要とする比較的大きめのサイトがメイン戦術でした。

しかしこの戦術が今年2017年から2018年にかけてサイトの記事数を少なくするいわゆるミニサイトや専門特化サイトへと移行するようになってきました。

そうなるとWordpressを何回もインストールしたり、データベースの設定を毎回するのが無駄に思えてきてもっと無駄をそぎ落としたいという欲求が出てきて効率よくサイトを作る方法を考えていました。

SIRIUS(シリウス)購入してみた

SIRIUS(シリウス)の名前は知っていたし、機能や出来る事の概要もまあまあ知っていたので買ってみました。
特にSIRIUS(シリウス)はレスポンシブテンプレートが無いと思っていたが、どうやらあるらしいということが分かったのが最大の理由です。

とりあえず3ページの物販系サイトを1つ作ってみたので、そのファーストインプレッションを書いていきます。

今日は詳しい操作マニュアルではなく、ファーストインプレッションをただ書く回だけなので、詳しく知りたい人はあの縦長のSIRIUS(シリウス)公式サイトへ行ったほうが断然良いと思います。

デモサイトでしか使ったことがないため詳細の説明はしないですが、アフィリエイトサイト作成ツール アッチューマというブラウザで操作するサイト作成ツールもレスポンシブに特化しているようで悩みましたが、今回はSIRIUS(シリウス)という選択にしました。
以下本文ではその理由についても触れていきます。

想像のSIRIUS(シリウス)と実際のSIRIUS(シリウス)

思ったよりも良かった印象としては思ったより多機能でした。
思ったよりもイマイチな点は機能による細かいデザインが思ったより自由度が低いかなということでした。

多機能という点については、Wordpressに匹敵するほどの利便性があります。
しかし、僕が使いこなせてないだけかもしれないですが、デザインの自由度は機能としては思ったより持っていないなという感じです。

HTML/CSSを編集すればある意味完全に自由にデザイン変更が可能なのでそういった意味では自由度はあります。

今までSIRIUS(シリウス)を買わなかった理由

今までSIRIUS(シリウス)という存在を知りながら買わなかったのは正直インフォトップでよくわからない商材と並んで販売されていたため怪しいかも?という疑念と価格24800円という決して安価ではない価格設定でした。

それに何と言ってもデフォルトでレスポンシブ非対応という問題でした。

SIRIUS(シリウス)はレスポンシブが弱いと思っていた

MFIなどモバイルがSEOで重視されている今、PCとモバイルで別々のファイルを読む別テンプレートを使う気にはちょっとなれません。

管理コストを考えてもSEOを考えてもレスポンシブに対応するデメリットはほぼ無く、レスポンシブテンプレートの存在を知らなかった僕にとっては致命的な問題であり、レスポンシブテンプレートが存在しなかったらたとえ価格が半値でも購入しなかったでしょう。

レスポンシブテンプレートは公式で配布されていた!

結論から言えばSIRIUS(シリウス)のレスポンシブテンプレートは公式で配布されています。

ただ、購入者ページにダウンロードリンクがあるものの、購入前のあの公式の縦長のLPでレスポンシブテンプレートのことが書いていなかったので気が付きませんでした。
※Googleで検索すればすぐ情報が出てきましたが、それほど熱心に調べてませんでした…

何はともあれ、SIRIUS(シリウス)公式でレスポンシブテンプレートの配布が行われているので同じような悩みを持っている人は安心して買ってください。

レスポンシブテンプレートは「購入者特典」という形でSIRIUS(シリウス)のライセンスを持っている人なら無料でダウンロード可能です。

ダウンロードしたレスポンシブテンプレートは「テーマ取り込み」機能で簡単にインストール可能なので導入方法も数回のクリックで完了となるので難しいことはありません。

以下ではSIRIUS(シリウス)を使ってサイト作成すると具体的にどういうメリットがあるか説明します。

SIRIUS(シリウス)でサイト作成スピードは上がるか?

もともとSIRIUS(シリウス)に興味があったのもサイト作成の時間短縮をしたいという願望があったのが一番の理由です。

僕はPHPもDBも扱えて自分で一からサイトを作ることが出来ますが、それでもSIRIUS(シリウス)を使うことで「大幅」に時間短縮出来ます。

WordPressなんかで何度もサイトを作ろうと思うと、

Worpressインストールして、
テーマ決めて、
ドメイン設定して
SSL化して
HTACCESS書いて

とSIRIUS(シリウス)より工数も多くなります。

KANKAN

WordPressだと最初の初期設定して仕事した気になったり、飽きちゃったりして記事の書き出しが遅れます。

SIRIUS(シリウス)でサイトクオリティは上がるか?

クオリティについては微妙なところです。

なぜかといえば、そこそこクオリティの高いサイトは簡単に作れますが、そのまま使うとどこかで見たことがあるようなサイトに仕上がってしまうからです。
もちろんカスタムすることでそのような懸念は払拭出来ますが、作成時間の短縮のために買ったのでどこまでカスタマイズするかは微妙なところです。

一般のサイト訪問者はサイト作成ツールが何であるかなど気にしないと思うのでまあ良しとします。

WordPressとSIRIUS(シリウス)を比較してみて

WordPressとSIRIUS(シリウス)は全く別物なので比較する意味はないのですが、目的はサイトを作る・更新するという共通の目的があります。

WordPressのほうが適しているケース

  • 継続更新するサイト
  • 記事数が多いサイト
  • 動的なサイト
  • ブログ
  • プラグインを利用したい場合

SIRIUS(シリウス)のほうが適しているケース

  • アフィリエイト用サイト
  • ミニサイト
  • 更新が少ないサイト
  • 記事数がそれほど多くはないサイト
  • 静的なサイト

継続的に更新するようなブログ型のサイトであれば、確実にWordpressが適しています。
一応SIRIUS(シリウス)にも予約投稿という機能があり、ブログをやろうと思えば不可能ではありません。

アッチューマじゃなくSIRIUS(シリウス)を選んだ理由

冒頭でも話したようにアフィリエイトサイト作成ツール アッチューマというツールも気になっていました。

これは公式サイトを見てもらえばわかるのですがSIRIUS(シリウス)のブラウザツール版のようなツールです。
パソコンのインストールして使うソフトであるSIRIUS(シリウス)に対してアッチューマだとインターネット環境があってログインすればどこからでも使えるというメリットがあります。

しかもアッチューマは基本すべてレスポンシブ対応でより今どきのツールって感じです。

ではどうしてアッチューマじゃなく、SIRIUS(シリウス)を買ったのかといえば、有名なだけあってわからないことはすぐに調べることが出来るからです。
さらに、SIRIUS(シリウス)公式のマニュアルも充実しており、たとえオマケであってもレスポンシブテンプレートもあるということでSIRIUS(シリウス)を選びました。

アッチューマも興味があるので使用するチャンスがあればこのサイトで取り上げてみます。

もしSIRIUS(シリウス)を買う際はプランが二つありますが、事実上高いほうにしないとモバイルサイトが出力できないみたいなので公式サイトでよく確認してください。
SIRIUS(シリウス)公式サイト

アッチューマはデモ画面が使えるので一度触ってみると良いでしょう。
アッチューマ公式サイト