収益化を目指すサイトならコンテンツを作る際にニーズを調査しますが、感覚で考えていてはいけません

センスの良い人ならば、感覚でもうまく行ってしまうこともありますが、長続きしないでしょう。
感覚やセンスはここぞ という時にとっておき、ツールで調べる癖もつけましょう。

goodkeywordとは

goodkeywordとは、Google等の検索エンジンが検索しようとしているキーワードの関連ワードを提案・表示する機能です。

goodkeyword.net
goodkeyword.net (※外部リンク)

検索ワードを入力するフォームにキーワードを入力すると、例えば「青汁」
「青汁 比較」
「青汁 ダイエット」

等のように出ます。

Google検索エンジン

こうして検索エンジンを利用して調べても構わないのですが、ここで使える便利なツールが「goodkeyword」です。

goodkeyword.net

Google.co.jp / Bing /Yahoo! JAPAN で検索されている関連キーワードを表示する事が可能で、操作画面も使いやすくお勧めのツールです。

goodkeywordの使い方

求人と検索してみた画面

goodkeywordの使い方は極めてシンプルで、関連キーワードを調べたいワードを入力するだけです。
基本はそのまま入力し「検索」ボタンを押すだけでいいのですが、調査対象にする検索を選択することも可能です。

  • Google/Bingサジェスト(デフォルト)
  • Googleサジェスト
  • マルチサジェスト
  • 楽天サジェスト
  • GooglePlayサジェスト

求人と検索した画面

調べてどうするか

実際この先のやり方としては、人それぞれですがキーワードプランナー等で検索ボリュームを調べて、競合サイトを調べて狙うキーワードが決まったらコンテンツに反映させていく。

というのが基本的な流れかと思いますが、調べただけでは意味が全くなく、しっかりとコンテンツに反映させましょう。

また、狙うキーワードが判明したとしても、SEO対策になるような使い方をしないと逆効果だったり、最悪のケースだとスパム扱いにもなります。
適切にキーワードを使用するよう心がけましょう。

キーワードを組み込むために調べるやり方から「ニーズを探る」ためのツールとして活用することが望ましいです。

ますはキーワード調査をする癖をつけることが重要です。
goodkeywordを上手に活用すれば効率的に作業が行え、時間短縮にもつながります。

goodkeyword.net
goodkeyword.net (※外部リンク)